「脇汗」の嫌なニオイや汗ジミ!知って得する原因と予防策とは?

公開日:

    脇汗の原因は?
    季節を問わず発生する脇汗。
    特に暑い時期や、湿度が高く蒸し暑い梅雨の時期は、ちょっと歩いただけでもじんわりと汗ばんでしまいますよね。

    「グレーのTシャツが着られない」
    「汗をかいてもジャケットを脱げない」

    など、脇汗を気にしてしまう女性は意外と多いんです。

    なぜ脇汗は、こんなにも多くの女性を悩ませるのでしょうか?

    原因①ストレスや緊張

    極度に不安になったり、緊張状態が続いたりすると、汗が突然ダラダラと垂れてしまうことがありますよね。
    そんな自分を周りから見られていると思うことで、余計に汗が止まらなくなって困ったという経験はありませんか?

    これは、交感神経というのが働くことで、脳が一時的に興奮状態になっているから。
    このように精神的なことが原因で出る汗は、脇だけでなく手のひらや足の裏などからもよく発せられます。

    原因②体温の上昇

    夏など、気温が高い季節は、体温が上昇するため、それを下げようとするために汗をかきます。
    いわば「体温調節」という役割のために汗をかいているということです。

    人は、体温が上昇しすぎてしまうと、正常な身体機能を果たさなくなってしまうため、脇汗は嫌ですが、体がしっかり守ってくれているという証拠なのです。

    原因③運動不足

    人は、正常な体の働きのため、適量の汗をかきますが、普段からあまり運動をしない人は、血液循環が悪く、代謝不良の状態に陥っているので、汗腺の機能が鈍っていることが多いそうです。

    これにより、気温が高い日やストレスを感じた時に、溜まった汗が一気に噴き出してしまうことがあります。
    この汗には老廃物が多く混じっているため、サラサラの水のような汗ではなく、ベタベタした汗であることがほとんど。臭いや汗ジミの原因となってしまうんです。

    脇汗をかいて困ったことは?

    汗をかくことそのものは、体の働きのためには良いことのように思いますよね。
    しかし、脇汗は女性を悩ます以下のような2つの不快な要素があるんです。

    ①ニオイ

    脇汗から発せられる嫌なニオイは、気になり出したら止まらないもの。
    なんとなく、他人と距離を取ろうとしたり、香水などでごまかそうとしたりしていませんか?
    ひどいときは、服に染み付いて取れなくなってしまうこともありますよね。

    ニオイの原因は、皮膚にある細菌。
    汗と一緒に流れ出ることで嫌なニオイを発生します。

    ②汗ジミ

    腕を上げたときなどに気になるのが、汗ジミですよね。
    特にグレーやカーキなどの服を着ていると、シミが目立ってしまいます。

    放っておくと、汗ジミがそのまま服に染み込んで、「黄ばみ」になることも。
    黄ばみは、脇だけでなく襟ぐりなども要注意です。

    脇汗対策①制汗剤を使う

    脇汗対策で最も手軽にできるのが制汗剤を使うこと。
    そもそも過剰に汗が出て、それが服に染み付いてしまわなければ、脇汗特有の嫌なニオイや黄ばみを気にしなくていいからです。

    制汗剤には、主に下記の3つのタイプがあります。

    ・スプレータイプ…吹きかけるだけなので手軽!
    ・ロールタイプ…スプレータイプよりも肌に密着するので効果が持続!
    ・シートタイプ…サラッとした肌になるので汗予防だけでなく、汗をかいた後もおすすめ!

    使いやすいもの、好みのものを選んで試してみましょう。

    脇汗対策②デオドラントシートでこまめに拭く

    汗はこまめに拭くことが、嫌なニオイを予防するポイントです。
    タオルやハンカチで拭くことも良いのですが、できればデオドラントシートで拭いた方が良いでしょう。

    デオドラントシートには、制汗剤が入っているので、べたついた肌をサラサラにしてくれるだけでなく、その後の汗をかきにくくしてくれます。

    ヒンヤリとした冷感タイプもあるので、脇や首元に使えば一気に体温も下がり、汗を抑える効果もありますよ。

    脇汗対策③脇汗をキャッチするインナーを着る

    汗ジミや黄ばみ対策には、脇汗対策用のインナーを着ましょう。
    脇の部分に専用の汗取りパッドが付いているので、汗をしっかりキャッチして、アウターに響きにくくする効果があります。

    吸湿性の良いものや、速乾性の高いインナーなら、さらに快適に過ごすことができますよ。
    脇汗対策④汗取りシートを使う
    もっとしっかり脇汗対策をしたいという方は、肌に直接貼る「汗取りシート」を活用しても良いでしょう。

    皮膚にぴったりと張り付いているので、汗をしっかりキャッチしてくれますよ。
    脇用だけでなく、足裏用などもあるので、脇汗のみならず足裏の汗に悩まされている人はぜひ活用してみてください。

    脇汗が付いてしまった黄ばみには?

    白いTシャツやシャツなど、脇汗による黄ばみは気になりますよね。
    汗による黄ばみは、放置すればするほど、繊維に染み込んでいってしまうので、取るのが意外と難しいんです。

    もし、お気に入りの服が黄ばんでしまった場合、どうしたら取れるのでしょうか?

    重曹で落とす

    重曹は、タンパク質を分解する働きがあるため、頑固な黄ばみもキレイに落とすことができます。

    【やり方】
    ①重曹に食器洗い洗剤を1:1の割合で混ぜ、重曹ペーストをつくる
    ②黄ばんでいる部分にたっぷりかけ、古い歯ブラシなどでこする
    ③10分ほど放置し、いつも通り洗濯機に入れて洗濯すればOK

    酸素系漂白剤で落とす

    塩素系漂白剤と違い、酸素系漂白剤は、色柄物にも使用できます。
    ただし、万が一のことも考えて、必ず洗濯表示を確認してから使用しましょう。

    【やり方】
    ①40℃ほどのお湯の入った洗面器やバケツに、酸素系漂白剤を入れてよく溶かす
    ②汚れた服をその中に入れて放置しましょう
    ③1時間くらい経ったら、洗濯機に入れて通常どおり洗濯すればOK

    この夏は脇汗を気にせず快適に過ごそう!

    脇汗による不快感は、余計に汗を多く出してしまう原因にもなりますよね。
    脇汗を気にしてお気に入りの服が着られなかったり、夏のお出かけを楽しめなかったり…。

    今回ご紹介した脇汗対策以外にも、適度な運動をしたり、水分をこまめに摂取したり、バランスの良い食生活をしたりすることでも、汗による嫌なニオイを解消することができます。

    この夏は、脇汗を気にせず、夏のおしゃれを楽しんでくださいね。


    関連記事

    ページ上部へ戻る