【くそ恐い】北朝鮮の弾道ミサイルで本当に鳴り響いた国民保護サイレン(Jアラート)の様子が恐すぎる

公開日:

    北朝鮮による相次ぐミサイル発射が世界中を騒がせている。

    そして、2017年8月29日午前6時頃いよいよ日本(北海道襟裳岬)上空を通過し、ミサイルが襟裳岬の東約1180キロメートルの太平洋上に落下した。

    このときミサイルによって危険が及ぶ可能性のある地域には、全国瞬時警報システム「Jアラート」により国民保護サイレンという警報音が街中に鳴り響いた。

    後程音源を紹介するが、国民保護サイレンはとても恐い音なので視聴注意。しかし、ミサイル飛来が現実となった今、恐いなんて言っていられない。必ず覚えておいた方が良い。

    Jアラートとは?

    弾道ミサイル情報、津波警報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信 し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステム
    出典:総務省消防庁

    これが国民保護サイレン警報音

    緊急地震速報や津波警報など、警報音は様々な種類がある。

    そして、これが日本にミサイルが発射されたら鳴る警報音「国民保護サイレン」だ。

    国民保護サイレン

    実際に街中に鳴り響いた様子

    2017年8月29日に弾道ミサイルが日本上空を通過する際、対象地域には国民保護サイレンが街中に鳴り響いたようだ。

    SNSには国民保護サイレンが鳴っている様子が他にも多数アップされていたが、大多数が恐怖を感じたという。

    ミサイル発射から着弾は数分

    今まで噂程度でしか認識がなかったのが、弾道ミサイルの発射から着弾は数分しかないということ。

    今回2017年8月29日の弾道ミサイルを例にしてみると、北朝鮮から弾道ミサイルが発射されたのが5時58分頃。太平洋に落下したのが6時12分と発表されている。

    我々はこの間に国から警報を受けて避難しなければならない。おそらく10分もない。これがどれだけ恐ろしいことなのか体感できたのではないだろうか。

    今回の件は首相官邸のホームページに詳しく情報や経緯が記載されているので、是非一度目を通しておくことをオススメします。



    関連記事

    ページ上部へ戻る