もしも銀座に3.11の津波が来てたら”ちょうどこの高さ”。あの日を忘れない。それが、一番の防災。

公開日:

    あの日きた津波がもしも銀座に来ていたら”ちょうどこの高さ”。

    東日本大震災で岩手県を襲った津波の恐ろしさ。それはあの日被害に遭った人でなければわからないだろう。

    でも、少しでもその恐怖をみんなに知って欲しい。それを防災に役立てて欲しい。そんな思いの詰まったYahoo!の広告が大きな話題となっています。

    想像よりもずっと高い・・。

    ちょうどこの高さ

    ちょうどこの高さ
    ちょうどこの高さ

    ちょうどこの高さ

    ちょうどこの高さ

    ちょうどこの高さ

    ちょうどこの高さ

    ちょうどこの高さ

    実際に銀座に足を運ばなくても、画像を見るだけでわかるその恐ろしい高さ。

    広告の言葉のとおり、知っているだけでも防災に役立つことはある。

    今できること。今のうちにしておいた方が良いこと。改めて確認しておこう。



    関連記事

    ページ上部へ戻る