ディズニーが混雑する日9パターン!ここはなるべく避けて行きたい!

公開日:
パスポート

この記事を執筆・監修した人

千葉千葉

ディズニー大好き。年パス保持者。好きなキャラクターはピーターパン。

記事一覧

「たくさんアトラクションに乗りたい」「人混みはなるべく避けたい」「人気レストランに並ばないで入りたい」せっかく夢の国に行くのであれば、誰もが混雑は避けたいと思っているはず。

もしも混雑する日に行ってしまえばアトラクションに1時間以上並ぶのは必須。レストランに入って食事するだけでも一苦労。余計な疲れが溜まっていく一方。楽しいはずのディズニーが楽しく感じなくなってしまうことだってあるかもしれません。

そこでこの記事では、ディズニーがどんな日に混むのかまとめました。

空いているディズニーに行きたい人は、なるべく以下のような日は避けて行きましょう。

ディズニーが混雑する日

パレード

【1】悪天候の前日

例えば、土曜日が晴れ予報で日曜日が雨予報だったとしましょう。週末にディズニーに行こうと考えている人は、自ずと日曜日ではなく土曜日を選択するはずですよね。

すると、日曜日に行くはずだった人が土曜日に集中してしまうため、土曜日が想定以上に混雑することになります。

ディズニーに行く前は必ず週間天気予報をチェックしておきましょう。

【2】新アトラクションのオープン日

新アトラクションがオープンする日はとんでもなく混みます。新アトラクションが7~8時間待ちになることも全く珍しいことではありません。

その分他のアトラクションは空くかもしれませんが、入園者数という絶対値は多いことに変わりありません。

逆に新アトラクションのオープン直前なんかは狙い目でしょう。

【3】新エリアのオープン日

基本的には【2】と同じことが言えますが、新エリアの場合は、アトラクションではなくエリア全体に人が集まるため、アトラクションよりも混雑する場合があります。

新エリアには写真を撮る人で溢れかえります。

【4】春休み・夏休み

学生たちが休みの期間は、平日・土日に関係なく混雑します。

特に春休みの3月は卒業旅行に来る学生も多いし、夏休みの7月後半~8月は悪天候でもない限り空いている期間はほとんどありません。

【5】ゴールデンウィーク

大型連休はどこへ行くにも混雑しますが、ディズニーももちろん混みます。地方からのお客さんもたくさん来ます。

ただし、10連休などその年によって超大型連休になるゴールデンウィークの最終日はむしろ空くこともあります。これは狙い目です。

【6】イベントシーズン

正月に始まり、先程紹介したゴールデンウィーク、シルバーウィーク、七夕、クリスマス、バレンタインなど、世間のイベントに合わせてディズニーも混雑する傾向にあります。

当日は入場制限なんかも余裕で発生するので注意です。数日ズラしても曜日などによっては混雑します。

【7】開園記念日

ディズニーランドは4月15日、ディズニーシーは9月4日が開園記念日です。

開園記念日は様々なイベントが行われたり、記念品などを配布することもあるため、ディズニーファンが問答無用で集まります。

単純に混雑が嫌な人はここは絶対に避けるべき日です。

【8】新イベントの開催日

アトラクションやエリア以外にも、新しいイベントが開催される日はディズニーファンが多く集まるので注意。

イベントはシーズン毎でも変わったりするので、ディズニーの公式サイトなどで随時チェックしておくことをおすすめします。

【9】テレビで特集された直後

テレビでディズニー特集された翌日やその週末は混雑する傾向あり。ディズニーに行きたくなる人が増えるのかもしれません。

また、テレビで特集するということは【2】【3】【8】あたりが絡んでくることも多く、余計に混雑しやすくなります。

まとめ

夜のディズニー

ディズニーランド、ディズニーシーは基本的に混んでいる日のが多いものです。平均よりも空いている日に行けたらラッキーくらいの感覚で行きましょう。

ただし、上記のような日を避けたり、人が考えていることと逆の行動を取れば空いている日に当たる確率は多くなります。例えば、悪天候予報の日に行く、連休後にお金を使ってしまった時期に行くなどが挙げられます。

ディズニーは人によって様々な楽しみ方があります。アトラクションに乗る、ショーやパレードを見る以外にもたくさんの楽しみ方があります。

是非みなさんなりの楽しみ方を見つけてみてください!!



関連記事

ページ上部へ戻る