ディズニーの年パスがあったらやりたい行動8パターン!アトラクションなんて乗らなくていい!

公開日: 更新日:
    ディズニー

    東京ディズニーランド、ディズニーシーの年間パスポート(年パス)は、いつでも好きなときに夢の国へ行けるまさに”夢のチケット”

    かなりの高額だからなかなか手軽には買えないし、そもそも年パスを持っていたとしても、いつでも行ける時間があって、いつでも行ける距離に住んでることも一つの条件。選ばれし者しか年パスを使いこなすことはできません。

    そんなディズニーファンなら誰もが憧れる年パス。もしもディズニーの年パスがあったらやってみたい行動を考えてみました!!

    想像だけでも楽しみましょう♪笑

    ディズニーの年パスがあったらやりたい行動

    【1】散歩しに行く

    ディズニーランドもディズニーシーも景観は抜群。現実世界のことを忘れさせてくれる雰囲気に浸りに行くだけでも幸せですよね。運が良ければキャラクターと触れ合うこともできるし、チュロスやポップコーンなどの軽食を食べ歩きながらパークを散歩して帰るだけなんて贅沢もしてみたいものです。

    【2】ご飯を食べに行く

    パークの中には様々なグルメがあります。中には並ばないと入れない人気レストランや季節限定のメニューを提供するレストランもあります。朝食、ランチ、ディナーいずれかのためだけにパークへ行くなんてことも年パスならではの楽しみ方ですよね。

    【3】買い物しに行く

    ディズニーに行ったあとはお土産をたくさん買って帰るのが定番。でも夕方から閉園間際はまさに混雑真っ只中。でも年パスがあれば空いている午前中やお昼の時間帯にゆっくり買い物することができます。また、売切必至な限定グッズを入手するためだけに行くなんてことも可能です。

    【4】サイン完全制覇

    ディズニーではキャラクターに色紙やノート、マジックペンを渡せば直筆サインを書いてもらうことができます。何度も足を運べる年パスがあれば全キャラクターからサインがもらえちゃうかも!!

    【5】イベントを堪能する

    ディズニーでは季節ごとに様々なイベントが開催されます。お正月、バレンタイン、七夕、ハロウィン、クリスマスなど時期によって大きく雰囲気が変わります。年に数回しか行けない人は本当に行きたいイベントを狙っていきますが、年パスがあれば余裕で全制覇できますね。

    【6】SNSで人気者になれるかも

    ディズニーに関する豆知識、アドバイス、現場の状況、攻略方法などを常時SNSで発信し続ければディズニーファンたちから絶大な人気を得て一気にフォロワーが増えるかもしれません。もしかしたらキャストさんよりも詳しい人になっちゃうかも!?

    【7】公園代わりに使う

    パークの中には公園のように遊べるゾーンがいくつかあります。家族で年パスを持っていれば子どもを連れて公園代わりにディズニーを使うなんてこともできちゃいます。子どもの頃からディズニー行き放題なんて羨ましい・・。

    【8】暇つぶしに行く

    何の目的が無くても年パスさえあれば「とりあえずディズニー行って来ようかな」ができます。ディズニーに行って何もせずに帰る。もはやこれが一番の贅沢ではないでしょうか。



    関連記事

    ページ上部へ戻る