ディズニーのチケット料金が上がると前売り券・年パスに追加料金は必要?疑問を解決!

公開日: 更新日:

この記事を執筆・監修した人

千葉千葉

ディズニー大好き。年パス保持者。好きなキャラクターはピーターパン。

記事一覧

1983年に開園し、当初は入園料¥3,900も今や¥7,400(2016年4月1日改定)まで値上がり、2019年10月の増税により現在は¥7,500(大人1デーパスポート)となりました。

※追加情報(2020年1月追記)
2020年中に¥8,200円になると発表されました。

さてここで気になるのが、ディズニーのチケット価格が上がると既に持っているチケットで入れるのか?ということですね。

差額を窓口で払う必要はある?そのまま入園できちゃう?

この記事では、そんな疑問を解決していきましょう。

既に持っているチケットは?

チケット

価格改定前に購入したチケットはそのまま入園することができます。

前売り券をチケット価格改定前までに購入すれば、差額の追加料金や手数料等は発生しません。

チケット価格改定が発表された時は、前売り券もしくは日付指定チケットを購入しておくとチケット価格改定後と比べればお得に入園できることになりますね。

年間パスポートは?

年間パスポートも同じく、手持ちの年パスで入園することができます。

しかし、更新する時には改定後の料金が適用されます。

差額&手数料が発生するパターンもある

ただし、既に持っているチケットでも、指定入園日の変更などの変更手続きをする際には、差額と変更手数料(¥200)が発生するので注意しましょう。

→変更手続きに関する注意は公式サイトで確認!

チケット改定後にディズニーへ行く予定のある人は、今のうちにチケットを買っておこう!



関連記事

ページ上部へ戻る