Gmailで送信したメールをキャンセルする方法とその設定方法

公開日: 更新日:

    メールでもLINEでもありがちなのが、誤送信。
    誤送信じゃなかったとしても、「あっ、やっぱ今の送信しなくてよかった・・。」なんて経験はありませんか?

    そんな時のために、Gmailが送信したメールをキャンセルすることができる機能を搭載したので、送信キャンセルの方法及び設定方法をご紹介します!

    Gmailの送信キャンセルを設定する方法

    自分のGmailアカウントから、【設定】に飛びます。
    【設定】内に、【送信取り消し】に関する設定があります。

    Gmailで送信したメールをキャンセルする方法

    チェックボックスにチャックを入れ、送信キャンセルをすることができる制限時間を設定しましょう。MAXは30秒です。

    Gmailで送信したメールをキャンセルする方法

    Gmailの送信をキャンセルする方法

    設定が完了したら、実際にどのように送信をキャンセルするのか確認してみましょう。

    メールを送信後、このように【取消】ボタンが表示されます。先程、送信キャンセルに関する設定をした秒数だけ表示されますよ。

    Gmailで送信したメールをキャンセルする方法

    取消が成功すれば、「送信を取り消しました。」という表示が出てきます。相手にメールが届くことはありません。

    Gmailで送信したメールをキャンセルする方法

    普段からGmailを利用している方は、必ず設定をしておきましょう!!



    関連記事

    ページ上部へ戻る