魔法使いになれるぞ!AndroidはGoogleの音声認識でハリー・ポッターの呪文が使える

公開日: 更新日:

幼少の頃、誰もが一度は魔法使いに憧れたのではないだろうか。思い描いていた魔法使いとは若干スケールは異なると思うが、どうやら科学が進化した現代でそれが実現できてしまうようなのだ!

ハリー・ポッターの呪文が使える!

魔法使いになるには、AndroidのGoogle音声認識システムを利用する。

スマホに向かって「ノックス!」と唱えるとスマホの照明が落ち、「ルーモス!」と唱えると照明が点灯するのだ!

・ノックス(Nox)(闇よ)
杖先に灯った明かりを消すことができる。「ルーモス」の反対呪文。ラテン語で「闇」という意味がある。

・ルーモス(Lumos)(光よ)
杖に灯りを灯す呪文。反対呪文は「ノックス」。ちなみに、「ルーモス」の後に「マキシマ」と唱えると、さらに光が強くなる(その際の意味は「強き光よ」)。

出典:Wikipedia

他の呪文も使える

「シレンシオ!」でマナーモードに。

・シレンシオ(Silencio)(黙れ)
対象を一時的に黙らせる。第5巻でハーマイオニーがドロホフに対して使用し、彼の呪文の威力を軽減させている。このことから無言呪文を除き、呪文を唱えられなかった場合、その呪文の威力が低下すると思われる。

出典:Wikipedia

他にもどれだけの呪文が通用するのか、是非試してみてはどうだろうか。



関連記事

ページ上部へ戻る