意外と知らない化粧品の消費期限!アイテム別消費期限まとめ

公開日: 更新日:

その化粧品の消費期限大丈夫!?

「話題だから買ってみた。」「買ってみたけど気に入らなくて使わなかった。」「使っている途中で飽きちゃった。」など、買ったけど使わない化粧品ってありますよね。

実は化粧品にも食品と同じで消費期限というものがあるのを知っていますか!?

あなたの化粧品はいつから使っているものですか?消費期限は切れてませんか!?

意外と知られていない化粧品の消費期限をまとめてみました。

ファンデーション、化粧下地の消費期限

化粧品消費期限

パウダーファンデーション半年から1年以内
リキッドファンデーション6カ月以内
フェイスパウダー2年以内
コンシーラ8カ月以内
チーク2年以内
クリーム状のものは1年以内

チークやファンデーションなどは粉のタイプのものより、液状のリキッドタイプのものの方が雑菌が繁殖しやすいため使用期限が短めです。

フェイスパウダーに関してはファンデーションなどを使用した上から使用するため、消費期限は長めです。

アイメイク用品の消費期限

化粧品消費期限

マスカラ3カ月以内
リキッドアイライナー3カ月以内
ペンシルアイライナー1年以内
アイシャドウチップやブラシをこまめに洗浄すれば
1年~2年以内

マスカラやリキッドアイライナーは使っていると容器の口元について固まってしまったりしてフタがしっかり閉まらなくなることがあります。

そうするとそこから空気や汚れ、雑菌などが入ってしまう恐れがあるので、普段から綺麗にふき取るよう心がけましょう。

ペンシルアイライナーに関しては、削れば新しい部分が出てくるので消費期限が長めです。

あまりアイライナーを使ったメイクをしない人はペンシルタイプのものがオススメです。

アイシャドウは要注意!

比較的たくさん種類を持っている人が多いアイシャドウですが、チップやブラシをこまめに洗浄すれば最大2年まで使用可能です。

ただ、洗浄が面倒な人は半年から1年目安に使いきることをおすすめします。

また、リキッドタイプのものやクリーム状のものは他のアイテムと同じで消費期限が短めの半年~1年です。

これはブラシなどを洗浄していても同じなので、流行りのアイシャドウは粉タイプのものが良さそうですね。

スキンケア用品の消費期限

化粧品消費期限

化粧水、乳液、洗顔、クレンジング半年以内

スキンケア用品は直接肌につけるから細菌を直接つけているようなものです。肌トラブルの原因になるので、期限は守った方が良さそうですね。

いつもとちょっと匂いが違ったり、液体が分離しているなど異変を感じたらすぐに使用するのをやめましょう。

リップやグロスの消費期限

化粧品消費期限

リップ半年以内
リップグロス1年以内

口紅やグロスなどは、口内の細菌が付着すると劣化しやすいので要注意。直接付けるのではなく、筆などにとってつけることをおすすめします。

筆もアイシャドウやファンデーションの筆と同じく定期的に洗浄するのがベストです!

未開封の化粧品

化粧品消費期限

化粧品には消費期限や製造日が記載されていないものがほとんどですが、購入したら3年以内に開封するようにしましょう。

食品と同じで開封して空気にふれてしまうと酸化が起きます。酸化すると雑菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルの原因にもなりますので要注意です。

消費期限や保存方法を守って使っていれば何も問題なく使えます。

あくまで目安ですが、キチンと守って安全にメイクしましょうね♪



関連記事

ページ上部へ戻る