秋のレジャーで「居心地のいいオトナ可愛い」を演出する心得!

公開日: 更新日:

    夏のギラギラ太陽の下では、ちょっと大胆なファッションや色使い、濃いめのメイクが映えました!

    でも、秋のレジャーでは演出の仕方を変えましょう。

    柔らかな抜け感のある女性らしさを演出するポイントとは??

    メイク

    秋の自然光ではバッチリメイクは浮いてしまいます。

    そよぐような秋風に似合う「抜け感」を演出しましょう。

    アイカラーはワンカラーグラデ、リップカラーもヌーディーなカラーをチョイス!

    ファッション

    柔らかい素材のもので動きやく、カラーはグレーやベージュを選んで。

    秋らしく露出は控えめにしてもデコルテや手首などはきちんと見せたりと、ほのかに香るくらいの女らしさを。

    いろんな人が集まるBBQなどでは張り切っている感より、肩の力か抜けたナチュラルさの方が目を引くんです。

    「手を抜く」とだらしな印象を与えてしまい、「オンナを意識しすぎる」と浮いてしまう…

    難しいけど、いいオンナってそのバランスが絶妙なんですよね!!

    今日は「and GIRL」の撮影4本。 ヘアは赤羽氏。 ゆるっと大人巻きにしてもらいました。 #andgirl #NINE

    Megumi Kanzakiさん(@megumi_kanzaki)が投稿した写真 –

    ヘア

    せっかのレジャーだからちょっぴりスポーティーなアイテムを投入したいですよね?

    そんなときもスポーティーの中に「柔らかさ」「抜け感」は絶対マストです。

    キャップをかぶるときはゆる巻きにしてフィッシュボーンアレンジしてみたり、丁寧なしぐさや女らしさは最大限に引き出しましょう。

    食べるシーンでのヘアスタイルはとっても大事。

    夏はキュッとひっつめるヘアも可愛かったですが、秋は絶対に力の抜けたふわっとしたまとめ髪がおススメです!!

    無造作って意外に難しいので普段から練習しておきましょ!

    その瞬間に合った気遣い

    女性の魅力って、こまやかな気遣いができることですよね。

    例えば…

    会話の中で「あー今の質問答えにくいな~」と思ったときにだれかが話題を変えてくれたり、

    「寒いな~」と思ったらブランケットを差し出してくれたり…

    そんな細やかな女性がいたら女性同士でもドキっとしてしまいます。

    そんな女性になるには、いつも周りが見えていること。

    裏方にまわるときはすっと引き、楽しむときは全力の笑顔で楽しむ!!

    男女問わずに「居心地がいいオトナ可愛い」を目指しましょう♪

    秋レジャーだけでなくこれからの季節はイベントがたくさん待ってます!

    メイクもファッションもその場所の空気間や人にぴたっと寄り添う「好バランスな女性」でいたいものです。



    関連記事

    ページ上部へ戻る