『プリン体チェッカー』:写真を撮って、プリン体含有量をチェックしよう!

公開日: 更新日:

プリン体は、肉、魚、野菜、食物全般に含まれる成分で主に旨みの成分にあたります。プリン体は分解されると尿酸に変化して体外に排出されますが、尿酸量が排出能力を超えて体内に蓄積されると痛風の原因になるといわれています。

特にプリン体含有量が多い食材は肉や魚介類。アルコール飲料には、プリン体自体はあまり多くはありませんが、アルコールの作用が加わって尿酸値が上昇するので、お酒を毎日飲む人は痛風の危険度が2倍で、中でもビールを飲む人の危険度が高い傾向にあります。

1日のプリン体の摂取制限は400mgが目安とされていますが、ダイエットや健康を気遣って食事をする時、レストランやお弁当を購入してもカロリーは掲載されていますが、プリン体の含有量はさすがに掲載されていませんね。

そんなプリン体含有量を写真だけで計測できるのが、この『プリン体チェッカー』というアプリです!

[ad#adsense]

プリン体チェッカーの使い方

写真を撮るだけ!

プリン体チェッカーの使い方は、超簡単!
これから食べる食事の料理の写真を撮るだけです。

その料理一人前に含まれるプリン体のおおよその含有量が表示されます。

もしくは、アルバムに入っている写真を選択してもOKです。

プリン体チェッカー

プリン体辞典を使ってみよう!

写真を撮らなくても、アプリ内に搭載されているプリン体辞典を使えば、どのような食材にどのくらいのプリン体が含まれているのかを予め学習することもできます。

プリン体チェッカー

過去の摂取量を記録しよう!

プリン体チェッカーをたくさん使っていけば、過去に自分がプリン体を摂取した量がカレンダー形式で表示されます。
近頃摂取量が多いなと思った時や、摂取量が心配になった時なんかはチェックしてみましょう。

プリン体チェッカー

プリン体チェッカーのダウンロード

APP STORE


関連記事

ページ上部へ戻る