自作「恋ダンス動画」は削除しないと著作権アウト!逃げ恥放送終了による著作権法に基づく措置

公開日:

    新垣結衣さん、星野源さん主演の2016年放送の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』がきっかけで、SNSや動画サイトで大流行になった恋ダンス。

    友達と一緒に踊った恋ダンス動画をネット上に公開したままにしている人も多いと思いますが、自作の恋ダンス動画は著作権法の問題ですぐに削除しないとダメみたいです。

    今までは「恋」の音源利用が許可されていた

    これまでは、恋ダンスが社会的ブームになったことから、星野源さんが歌う「恋」の音源の利用がVictor公式でOKとされていました。

    しかし、記載の通り2017年8月末日を過ぎてしまったので、もう恋ダンスの音源を利用した動画は削除しなければなりません。

    YouTubeでは続々と対応されている

    上記注意文のように自ら削除対応してくれれば著作権を保有する側も対応しなくて済むのですが、あれだけブームとなっただけに自ら削除しない人もかなり多いはず。

    YouTubeでは、既に続々と著作権者からの申し立てによる対応が進められています。

    恋ダンス動画
    出典:YouTube

    こちらの動画では、映像はそのままだけど、音声はミュート(音声なし)になってしまっています。

    ただし、人気YouTuberはじめしゃちょーさんのカラオケ音源による恋ダンスは音声ありのまま。この辺の著作権法ラインは微妙なのでしょうか。

    恋ダンス動画
    出典:YouTube

    もちろんYouTubeだけに限らず、「恋」の音源が利用されている動画全てが削除対象となります。

    恋ダンスをSNSや動画サイトで公開したままにしている人は、なるべく早く削除対応を行いましょう。

    特にYouTubeで広告収入を得ている人は、過去に利用規約違反で指摘を受けている場合、アカウント凍結など最悪の事態を招きかねないので注意してください。



    関連記事

    ページ上部へ戻る