【僕は何度も救われた】牧師さんが送った『幸せな結婚生活を送るための10のルール』とは

公開日:

    結婚生活を重ねていくと、自分自身でわかってはいるけどなかなかできないことや忘れがちなことってありますよね。

    そんな当たり前だけどできないこと、忘れてくれることをふと思い出させてくれたのが、Twitterユーザーの奥川@アルゼンチンさん(@Writer_Okugawa)のツイート。

    彼が結婚する時に87歳の牧師さんが彼に送った”幸せな結婚生活を送るための10のルール”。そこには私たちが普段気付けないことがたくさんありました。

    [no_toc]



    幸せな結婚生活を送るための10のルール

    実際に87歳の牧師さんが送った、幸せな結婚生活を送るための10のルールがこちら。

    幸せな結婚生活を送るための10のルール

    日本語に訳してみるとこうなります。

    1. 2人が同時に怒ってはいけない
    2. 家が燃えていない限り、怒鳴りあってはいけない
    3. どちらかが口論で勝つ必要があるならば、伴侶に勝たせてあげなさい
    4. どうしても注意する必要があるときには、愛情をもって言いなさい
    5. 過去の過ちを未来に持っていってはいけない
    6. お互いに我慢強くなりなさい
    7. 夫婦間の問題を解決しないで就寝してはいけない
    8. 最低でも1日に1回は伴侶に素敵な言葉をかけない
    9. あなたが悪い時には、そのことを認めて謝りなさい
    10. 問題の話し合いをしているとき、よくしゃべる方が過ちを犯している

    このルールを送った牧師さん自身も60年以上連れ添った奥様いるそうで、今でも仲睦まじく暮らしているみたい。

    そんな方だからこそ、こんな素晴らしい深い言葉を送れたんでしょうね。

    みんなの反応

    みなさんの夫婦生活を思い返してみたときに気付かされたことがあったら是非実践してみて。今からでも絶対遅くないと思いますよ。



    関連記事

    ページ上部へ戻る