コーヒーダイエットの効果って?正しいやり方をしてスッキリボディを手に入れよう

公開日:

    コーヒーダイエットって何?
    ○○ダイエットと聞いて、皆さんはどんなダイエット方法を思い浮かべますか?
    りんごダイエット、炭水化物抜きダイエット、豆腐ダイエットなど。
    様々なものが一世を風靡してきましたよね。

    今回ご紹介するのは「コーヒーダイエット」。
    コーヒーダイエットとは、ブラックコーヒーを飲むことで、脂肪を燃焼させ、瘦せやすい体にするという方法です。

    コーヒーに含まれる「カフェイン」や「ポリフェノール(クロロゲン酸)」には、脂肪を燃焼・分解する効果があるということで、新たに注目度が集まっています。
    食後にコーヒーを飲む人も多いと思うので、もしこ本当に効果が出るのだとしたら、とても手軽にできる習慣だと思いませんか?

    そこで今回は、コーヒーダイエットの効果と正しいやり方についてご紹介します。

    コーヒーダイエットの効果は?

    ではまず、コーヒーダイエットの効果を見ていきましょう。

    効果①カフェインとポリフェノールで脂肪燃焼・分解

    コーヒーに多く含まれているカフェインには、脂肪を燃焼し、分解する働きがあります。
    しかも、この脂肪燃焼・分解効果は、食後の脂肪吸収を抑えるだけでなく、体に蓄積された脂肪をも燃焼・分解することができるのです。

    これに加えて、コーヒーに含まれている「ポリフェノール」も同じような脂肪燃焼・分解する効果があります。
    厳密にいうと、コーヒーには「ポリフェノール」の一種である「クロロゲン酸」というものが含まれているのですが、これが肥満予防に効果的なんだとか。
    カフェインとポリフェノールの最強タッグで、ダイエットを成功へと導きましょう。

    効果②カフェインで血行促進!代謝アップ

    コーヒーに含まれているカフェインは、脂肪燃焼・分解効果だけではありません。
    血行を促進する効果もあるというのです。
    これにより、血流が改善され、代謝がアップ。

    すると、脂肪燃焼がしやすくなり、瘦せやすい体質になります。
    代謝が上がると、免疫力もアップすると言われていますから、ダイエットだけでなく健康維持にも良い効果が期待できそうですね。

    効果③カフェインの利尿作用でむくみを解消

    カフェインのもう1つの特徴は、利尿作用があること。
    これにより、体内に溜まった老廃物を、体外へ排出することができます。

    さらに、前述した「血行促進」による基礎代謝アップにより、冷えも解消されるので、手足や顔のむくみもスッキリさせることができるんですよ。

    カフェインというと、これまで「体に良くないもの」と思われていましたが、意外にも体に良い影響を与えてくれることがあることに驚かされますよね。

    コーヒーダイエットの正しいやり方

    コーヒー好きの方なら簡単に取り入れやすいコーヒーダイエット。
    日々の生活の中で、どのように取り入れたら良いのでしょうか?
    ここでは、コーヒーダイエットの正しいやり方をご紹介します。

    【効果が現れやすいコーヒーダイエットのやり方】

    コーヒーダイエットのやり方は、至ってシンプル。
    食後にホットのブラックコーヒーを飲むだけです。
    なぜ食後がいいのか?というと、それは、カフェインやポリフェノールが食後の血糖値の上昇を抑えてくれるからです。

    ちょうど食事をした後、体が食べ物を消化し始めるタイミングに飲むと良いでしょう。

    【コーヒーダイエットに選ぶコーヒーは?】

    コーヒーダイエットをするなら、コーヒーは浅煎りの豆がベストです。
    なぜかというと、深煎りにしてしまうと、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が、熱に弱いため、せっかくの脂肪燃焼・分解成分が衰えてしまうからです。

    浅煎りコーヒーの方が、比較的あっさりとした飲み口なので、後味もスッキリします。
    食後の1杯にぴったりですね!

    また、できればインスタントではなく、ドリップのものを選ぶようにしましょう。
    インスタントコーヒーは、カフェインやクロロゲン酸の含有量が減ってしまうので、ダイエット効果も半減してしまうからです。

    ドリップコーヒーの方が香りも楽しめるので、リラックス効果も期待できるかもしれませんね。

    【運動前に飲むのもおすすめ!】

    食後のコーヒーもいいのですが、運動前のコーヒーもおすすめです。
    というのもカフェインには血行促進効果があるため、運動前に飲んだ方が、より代謝がアップし、脂肪燃焼しやすくなるからです。

    ダイエットのために飲むのであれば、運動前にも飲んでおくといいかもしれませんね。

    コーヒーダイエットの注意点

    意外と手軽に試せるコーヒーダイエットですが、注意点もあります。
    下記の点をよく守って、健康に気をつけながらダイエットをしましょう。

    ①飲みすぎに注意!

    コーヒーに含まれるカフェインは、飲みすぎると体に悪影響を及ぼすこともあります。
    たとえば、動機やめまい、胃痛や胸やけ、不眠など。

    どんなに早く瘦せたくても、過剰に摂取したのでは逆効果です。
    コーヒーは、1日に3~4杯程度飲むくらいに留めておき、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

    ②歯の汚れや口臭に注意!

    コーヒーに含まれている「タンニン」という成分は、歯の着色汚れを起こす原因になります。
    また、口の中にコーヒーの成分が残ったままただと、口臭の原因にもなりますので注意しましょう。

    ③不眠症に注意!

    寝る前にコーヒーを飲むと、カフェインの覚醒効果によって、眠りが浅くなったり、寝つけなかったりすることがあります。

    カフェインの効果は30分くらい続くと言われていますから、寝る前には飲まないように注意してくださいね。

    ④ミルクはなるべく入れない!

    コーヒーダイエットで飲むべきコーヒーは、ブラックが基本。
    砂糖やミルクを入れてしまうと、逆に糖質や脂質を摂りすぎてしまうので要注意です。

    どうしてもブラックコーヒーが飲めないという人は、脂肪分の少ない豆乳を入れたり、無脂肪牛乳を入れたりして工夫するのもアリです。
    ただし、あまりたくさんミルクを入れてしまうと、ダイエットの意味がないので気を付けてくださいね。

    コーヒーダイエットで美味しく楽しくダイエット

    もともとコーヒー好きで、食後にコーヒーを飲む習慣のある人にとっては、とても気楽なダイエット方法ですよね。

    ダイエットは、結局長続きしなければ、どんなことをしても効果を得られることはありません。
    様々なダイエットを試す中の1つとして、コーヒーダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか?
    楽しく美味しくダイエットをすれば、きっと三日坊主にならずに続けることができますよ。



    関連記事

    ページ上部へ戻る